MSDN サブスクリプションを契約していると今日から、Windows 7 がダウンロードできるみたいなので試してみました。
マイクロソフト、Windows 7ベータの提供を開始 - Engadget Japanese

MSDN / TechBeta / TechNet利用者は本日から、一般には1月9日からhttp://www.microsoft.com/windows7でダウンロード可能になります。

ということなので、MSDN から Windows 7 Beta (x86) DVD ISO と Language Pack の ISO をダウンロードしました。

Virtual PC へ

いつもの VMWare Server ではスペックが厳しいので、Vista Ultimate のメイン PC に Virtual PC を入れました。
http://www.microsoft.com/japan/windows/products/winfamily/virtualpc/default.mspx

Virtual PC はゲストの OS は Vista を選択、メモリは 768 MB 、HDD は 64GB に設定した。
起動したら、 ja_windows_7_beta_dvd_x86_x15-29075.iso をマウント。

インストール開始

f:id:tilfin:20090108154037p:image
が出てきました。Vista のインストールと同じようです。そのまま「次へ」。
f:id:tilfin:20090108154038p:image
もちろん、「今すぐインストール」です。
f:id:tilfin:20090108154039p:image
ライセンスに同意します。
f:id:tilfin:20090108154040p:image
新規に入れているのにアップグレードが最初にあるのが解せないですね。下の「カスタム(詳細)」を選択します。
f:id:tilfin:20090108154041p:image
HDD が選択されているので、そのまま「次へ」。

インストール中

f:id:tilfin:20090108154042p:image
そのまま自動的にインストールが進みます。機能のインストールが終わると再起動が起きます。
f:id:tilfin:20090108155732p:image
DVD からブートするかというメッセージが出ても放っておくと、ブートが始まります。
f:id:tilfin:20090108155733p:image
インストールの最終処理が始まります。完了するとまた再起動します。

初期設定

f:id:tilfin:20090108155734p:image
DVD からブートするかというメッセージが出ても放っておくと、初期設定をするという旨が表示されつつブートが始まります。
f:id:tilfin:20090108162026p:image
Windows 7 Ultimate と表示されています。ユーザー名とホスト名を入力します。
f:id:tilfin:20090108155736p:image
パスワードとそれを忘れたときのためのヒントを入力します。
f:id:tilfin:20090108155737p:image
MSDN で取得したプロダクトIDを入力します。
f:id:tilfin:20090108162027p:image
自動更新の設定です。推奨設定を選択します。
f:id:tilfin:20090108162028p:image
タイムゾーンと日付時刻の設定です。そのまま「次へ」。
f:id:tilfin:20090108162029p:image
ネットワークの設定です。ホームを選択します。このあと、ネットワーク設定中の進捗バーが表示されます。
f:id:tilfin:20090108162623p:image
そろそろスクリーンショットを撮るのを飽きてきたころに、Vista には無かった「ホームグループの作成する」というダイアログが出ました。
作ってみます、そのまま「次へ」。このあとは、いくつかの進捗バーやローディング画面が表示されます。

インストール終了

f:id:tilfin:20090108162958p:image
デスクトップが表示されました。おお、魚が泳いでいます。
ランゲージパックISOは使わずとも、最初からインストーラー含めて、日本語になっています。

Windows 7 のまとめ

  1. 「コンピュータ」が「コンピューター」になるなど表記変更が行われています。
  2. サイドバーではなく ガジェットがデスクトップに追加できるようになっています。
  3. 「付箋」というアプリケーションがあります。
  4. Internet Explorer 8 Beta が入っています。
  5. 管理者権限のアイコンが青と黄の2色です。
  6. リモート デスクトップからなら Aero が使えるかと思っていましたが無理でした。
  7. デスクトップの背景を設定時間ごとに変更することができます。
  8. Snipping Tool というスクリーンショットを切り取りツールが入っています。
  9. ペイントにブラシ機能がついています。
  10. 電卓がパワーアップしていて、プログラマでは64ビットまでの計算が便利になってます。
  11. ペイント、ワードパッドが従来のツールバーからリボンになっています。
  12. Windows ファイアウォールが大幅に強化されています。

既存のアプリケーションはすんなりと動くのか

手前味噌だが、私の制作している TiLFiN をインストールしてみる。これは IE コンポーネントを利用しているブラウザ、.NET Framework 2.0 ベースだが Windows API も直接使用しているため、動作テストとしては良いだろう。
f:id:tilfin:20090108183713p:image
Windows Vista で正常に動くアプリケーションであれば問題なさそうだ。バージョン 7 なので心配したが、、とりあえず安心だ。でも コマンドプロンプトを開くてみたら。

Microsoft Windows [Version 6.1.7000]
Copyright (c) 2006 Mricrosoft Corporation. All rights reserved.
C:\Users\tosshi>

ってバージョンは 6.1 なのか。こんなオチで終わるとは…
Windows 7 のランゲージパックについて - Tosshi Note