さくらのVPSがリニューアルしたので移行するべく新しい VPS を同環境にセットアップしようとしたら意外に嵌まったのでメモ。

まずはカスタムOSインストールで Ubuntu 10.04 を入れておく。

続いて /etc/update-manager/release-upgrades を編集してアップグレードターゲットを LTS(長期サポート版) から normal(通常)に変更する。

# Default behavior for the release upgrader.
[DEFAULT]
# Default prompting behavior, valid options:
#
# never - Never check for a new release.
# normal - Check to see if a new release is available. If more than one new
# release is found, the release upgrader will attempt to upgrade to
# the release that immediately succeeds the currently-running
# release.
# lts - Check to see if a new LTS release is available. The upgrader
# will attempt to upgrade to the first LTS release available after
# the currently-running one. Note that this option should not be
# used if the currently-running release is not itself an LTS
# release, since in that case the upgrader won’t be able to
# determine if a newer release is available.
Prompt=normal

下記のコマンドでアップグレードします。さくら VPS コントロールパネルのリモートコンソールで行う方がいいです。

sudo do-release-upgrade

10.04 から 10.10、11.04、11.10 と段階的に上げていきます。

最初のアップグレード(10.10にするとき)に GRUB のアップデートがあります。
設定はデフォルトの「keep the local version currently installed」を選んだあとに、GRUBのアップデートはするようにします。具体的には「Continue without installing GRUB?」で「No」を選択します。ターゲットディスク(GRUB install devices)は「/dev/vda」です。

上記以外は YES で行えば、アップグレードできるはずです。

ちなみに Ubuntu 12.04 LTS が来月末にリリースされるようです。