Adobe Developer Connection に AIR 2 マスターシリーズの連載が始まりました。
僭越ながら を寄稿いたしました。こちらでは Echo プロトコルクライアント・サーバーを UDP, TCP でそれぞれ実装しているサンプルを載せています。

上記に付随して後から思いついたサンプルの1つということで、Wake on LAN でリモートホストをブートするアプリケーションを作りました。これをスタートアップなどに登録しておけば、自分のメインPCを起動したと同時にホームサーバーなどを起動することができます。

見えないアプリケーション

コンソールアプリケーションというべきですが、Window レスな AIR アプリケーションを作るには 新規 Flex プロジェクトの作成ウィザードにおいて、メインアプリケーションに AS ファイルに指定します。

Main.as

マジックパケットを送信してアプリケーションを終了するだけです。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
package
{
import com.tilfin.wakeup.MagicPacket;
import flash.desktop.NativeApplication;
import flash.display.Sprite;
/**
\* Wakeup On LAN 用のマジックパケットを投げてリモートPCをブートします。
*/
public class Main extends Sprite
{
public function Main()
{
var packet:MagicPacket = new MagicPacket("FF-0A-E4-8A-74-67");
packet.broadcast("192.168.1.255");
NativeApplication.nativeApplication.exit();
}
}
}

マジックパケット

マジックパケットは Wake-on-LAN 用に送信するパケットです。
先頭の6バイトには 0xFF を置きます。さらにターゲットのホストの NIC の MAC アドレスのバイトデータを16回連続で並べたものになります。

MagicPacket.as

package com.tilfin.wakeup
{
import flash.net.DatagramSocket;
import flash.utils.ByteArray;
/
* マジックパケット
*/
public class MagicPacket
{
private var _packetData:ByteArray;
/

* コンストラクタ
*
* @param macaddr 対象ホストのNICのMACアドレス
/
public function MagicPacket(macaddr:String)
{
var bytes:ByteArray = new ByteArray();
for (var i:int = 0; i < 6; i++) {
bytes.writeByte(0xFF);
}
var maddr:Array = macaddr.split(“-“);
var mabytes:ByteArray = new ByteArray();
for (var j:int = 0; j < 6; j++) {
mabytes.writeByte(parseInt(maddr[j], 16));
}
for (i = 0; i < 16 ;i++) {
bytes.writeBytes(mabytes, 0, mabytes.length);
}
_packetData = bytes;
}
/**
\
パケットを送信します。
*
* @param address 送信先ブロードキャストアドレス
*/
public function broadcast(address:String):void
{
var socket:DatagramSocket = new DatagramSocket();
socket.send(_packetData, 0, _packetData.length, address, 1024);
}
}
}