Silverlight 2.0 を試し始めたので、Flex との違いをわかったことだけメモしていく。

仕様

Flex

Silverlight

シングルスレッド

マルチスレッド

IDE の違い

主にデザインサイドではなくロジックプログラミング側について

項目

Flex

Silverlight

IDE

Flex Builder

Visual Studio 2008 + Silverlight Tool

動作速度

普通

重い

Windows Vista の同環境におけるデバッグコンパイル時のブラウザが開くまでの比較

コントロール配置

直接デザインビューへの配置が可能

コード上への配置が可能

ビュー構造の作成

項目

Flex

Silverlight

構造定義

MXML

XAML

プロパティの名前記法

キャメルケース

パスカルケース

コントロール間の相対間隔指定

padding

Margin

ここがレイアウトの思想が異なるところ

相対間隔上下左右の指定

paddingTop=”0” paddingRight=”5” paddingBottom=”6” paddingLeft=”4”

Margin=”0,5,6,4”

絶対配置のコンテナ

詰めコンテナ

垂直詰めコンテナ

または layout=”vertical”

水平詰めコンテナ

または layout=”horizontal”

テキストボックス

パスワードボックス

ボタンのラベル

日付テキストコントール

リスト

項目

Flex

Silverlight

リストデータプロパティ

dataProvider

ItemSource

リスト項目コンポーネント

itemRenderer

ItemTemplate