DotNetZip Library - Home
DotNetZip は Microsoft Public License の ZIP ライブラリ プロジェクト。
試しに C# からコマンドラインでパスワード付きZIPを作成するサンプルプログラムを書いてみた。

using System;
using System.IO;
using Ionic.Utils.Zip;
namespace AppTest
{
class Program
{
static void Main(string[] args) {
string filePath = null;
string zipfile = null;
string password = null;
for (int i = 0; i < args.Length; i++) {
if (args[i] == “-p”) {
password = args[++i];
} else if (filePath == null) {
filePath = args[i];
} else {
zipfile = args[i];
}
}
if (filePath == null || zipfile == null || !File.Exists(filePath)) {
if (args.Length != 2) {
Console.WriteLine(“Usage WhiteMole.exe [-p password] file zipfile”);
}
return;
}
try {
zipAtEncrypt(filePath, zipfile, password);
} catch (ZipException) {
Console.WriteLine(“Failed to compress “ + filePath);
}
}
private static void zipAtEncrypt(string filePath, string zipfile, string password) {
using (ZipFile zip = new ZipFile(zipfile)) {
if (password != null)
zip.Password = password;
zip.AddFile(filePath);
zip.Save();
}
}
}
}

試したところ何故か圧縮率が Windows XP の標準機能で圧縮したときなどに比べて悪い。
119MB のVMDKファイルを圧縮すると標準機能だと 51MB になるのに、このライブラリだと 79MB にしかならない。もちろん解凍はできるしファイルチェックサムも一致する。
ちなみ圧縮解凍ソフトの Lhaz では XP 標準機能と同様のファイルサイズになる。ううむ、アルゴリズムをすべて実装しているわけではないのだろうか。
ZIP処理の自動化をしたかったのだが、この圧縮サイズ差は大きいので別の方法を考えたい。ただ、アーカイブ生成として使う分には良いかもしれない。機会があったら今度は解凍処理を試してみよう。