1. qemu を使って、10GB の vmdk を作成する。

> qemu-img create -f vmdk centos5.vmdk 10G

2. 設定ファイル VMX を作成する。
centos5.vmx (メモリ 256MB、フロッピードライブはなし、DVD ISO イメージを指定。)

config.version = “8”
memsize = “256”
displayName = “CentOS5”
guestOS = “redhat”
ide0:0.present = “TRUE”
ide0:0.fileName = “centos5.vmdk”
ide0:0.redo = “”
ide1:0.autodetect = “TRUE”
ide1:0.present = “TRUE”
ide1:0.fileName = “D:\CentOS-5.0-i386-bin-DVD.iso”
ide1:0.deviceType = “cdrom-image”
floppy0.present = “FALSE”
ethernet0.present = “TRUE”
ethernet0.connectionType = “bridged”
ethernet0.addressType = “generated”

3. VMWare Player から centos5.vmx を開く。
インストールする。

4. Bridge(NAT) にする
C:\Program Files\VMware\VMware Player\vmnetcfg.exe を実行する。
NAT タブで Gateway IP address を確認する。
[Port Forwarding…] から SSH:22 をフォワーディングの設定をする。

Cent OS で /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 を設定する。

1
2
# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
# /etc/init.d/network restart